PAGE TOP

プロスポーツ選手におけるタトゥーの是非について。

こんにちは!

 

 

松山市で腰痛を”根本”から改善する治療院

施術超楽-CHORAKU-

院長の上杉耕生です。

 

 

 

今日は、タトゥーについて。

よく、プロサッカー選手や

 

 

 

プロボクサー、

格闘技の格闘家、

 

 

プロバスケ選手などなど

 

 

 

 

タトゥーを入れている選手が

世界中にはたくさんいるのですが

 

 

自分は格闘技観戦が趣味なもので

よく格闘家を見る機会があるのですが

 

 

 

活躍している格闘家がいるとして

タトゥーを入れだしたら

 

 

 

あ、この先、勝てなくなるな。っていうのを

肌で感じています。

 

 

 

そうなのです、

タトゥーを入れだしたら

 

 

 

その選手の目まぐるしい活躍は

だんだん、スローダウンしていっているのを

 

 

いままで、よく目にしていました。

そうでない場合もあるかもしれないのですが。

 

 

話変わって、基本、当院での

メディカルテーピングをするにあたって

 

 

タトゥーが入っている人には行わない旨を

あらかじめお伝えさせていただいています。

 

 

 

厳密に言いますと、

タトゥーが入っている箇所への

 

 

 

テーピングは効果が出ません。

 

 

 

なぜかと言いますと

タトゥーを大きく入れた場合、

 

 

 

皮膚の角質より下に色を入れることにより

皮膚と皮下組織の癒着が起こってしまいます。

 

 

 

当院のテーピングというのは

皮膚と筋膜の間の隙間を緩めて

 

 

血液、リンパの流れを良くするものです。

 

 

しかしタトゥーが入っていることにより

癒着がテーピングの効果を阻害してしまいます。

 

 

そういう場合は、

テーピング以外で施術させていただきます。

 

 

 

話を戻して

プロスポーツ選手の場合においても

 

 

 

身体が自由に動かせることが必須なのに

タトゥーで皮膚の癒着により

 

 

 

身体が引っ張られて

自分の思い通りに身体が動かせないとなると

 

 

 

それはそれはとても大きいハンデになってしまいます。

 

 

 

見た目の派手さかっこよさに気をとられて

本業の活動に制約を課してしまうとなると

 

 

 

非常にもったいないように思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

治療院 施術超楽-CHORAKU-

上杉耕生

LINEで送る
Pocket