PAGE TOP

腰痛で病院に行って異常なしと言われてしまった。愛媛県松山市の腰痛整体 施術超楽

 

こんにちは!

 

 

松山市で腰痛を”根本”から改善する治療院

施術超楽-CHORAKU-

院長の上杉光生です。

 

 

多くの方が体験されたことがあるかもしれない腰痛。もしあなたが腰痛になってしまったらどうしますか?その前に、なぜ腰痛になってしまったのか?腰痛の原因がどこにあるのか?といろいろ考えてしまいますよね?腰の骨に原因があるのか、それともお尻の筋肉なのか、ストレスによるものなのか、内臓の病気からくるものなのか、いろいろですが、それをはっきりさせるために皆さん、病院にまずはかかられると思います。

 

では、病院ではどのように答えを出しているのでしょうか?行ったことのある人は分かると思うのですが、病院では腰椎などの腰骨の異常を疑います。なのでまずはレントゲン写真を撮ります。大きい病院になりましたら断面図も撮れるMRIも撮ります。

 

そして画像診断にて骨に特に異常がなければ「様子を見ましょう。」と言われます。「2・3日安静にしておいてください。」「痛み止めの湿布とお薬を出しておきますんで。」で、帰らされます。

 

痛いから、腰が痛いから病院に行ったのですが、画像上では特に異常個所が見当たらなかったら「湿布出しておきますので様子を見ましょう。」と言われてしまいます。そして診断名は腰痛症と診断されて帰ります。

 

この腰痛症って何なのでしょうか?特別、変わったことがなければ85%の方は原因不明だと言われています。ということは15%の方は画像診断にて診断名がつくけども、それ以外は診断名がつけられないので腰痛症という名前をつけられているのです。

 

逆に言いますとこの85%の原因不明と言われる腰痛症の方の原因はレントゲン写真やMRIでは写らない何か、もしくは撮影箇所以外の場所に原因があると考えるのが妥当だと思います。しかし、病院では大方、その別の身体の部位への診察をあるいは触診や視診など行う気配もないのではないかと思います。

 

もっと言うと、85%は骨ではない別の場所なので、レントゲン撮らなくても原因を特定できる人は治療できるという事で実際、病院かからずに当院に来られても改善される方がほとんどです。よっぽどの重症で明らかに骨に異常がありそうな人の場合には、速やかに病院受診をすすめますが。

 

腰痛で困っているのに、画像診断では異常なしと出てしまうケースもあれば、なんとこの逆もあったりします。腰痛持ちではない健康な人を画像診断したところ7割近くの人がヘルニアなどの異常所見がみられたのです。痛みが出ていないのに脊柱管狭窄症やヘルニアの画像所見が出ていたのです。

 

つまり画像診断で所見でこのように症状にばらつきが出ているので、実際に痛みが出ていて画像診断で神経圧迫などがみられていたとしても、本当にそれが原因なのかも疑わしいです。

 

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

腰痛のことなら 治療院 施術超楽-CHORAKU-

松山市小坂の治療院 施術超楽では、腰痛改善を行っています。慢性腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア・すべり症・脊柱管狭窄症の改善。多くの方の健康維持などの運動指導。患者様それぞれにあったオリジナルメニューを提案しながら痛みを取り除くお手伝いをさせていただいています。そのほか、肩こり、膝の痛み、頭痛、目の疲れ、スポーツ障害、オスグッドなど、様々な身体の不調についてのご相談も受け付けております。畑中式メディカルテーピングの公認講習会・勉強会も受付中です。まずはお気軽にご来院ください。

 

 

 

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!

肩こりをはじめ、痛みの改善に役立つ

セルフメンテナンスを配信しています。

チャンネル登録はこちらから!
http://www.youtube.com/channel/UC50JjIMuMNi6ucENeHTw-Ig?sub_confirmation=1

 

 

LINE@なら24時間予約受付。お得なクーポン情報や健康情報も配信中。

 ↓お友達登録・ご予約はこちら↓

LINE@友達登録の施術超楽CHORAKU

 

畑中メディカルテーピングに興味があり

自分もテーピングをやってみたいと思われましたら

上の LINE友だち追加 のあと

LINEより「テーピング講習」とメッセージ下さい^^

テーピング講習についての詳細の情報をお送りいたします。

 

 

 

よろしければ下のバナーをクリックしていただくことにより

困っている人がもっともっとたくさん救われます。


人気ブログランキング

LINEで送る
Pocket