PAGE TOP

痛みは良い反応か悪い反応か知っていますか?

こんにちは!

 

 

松山市で痛みを”根本”から改善する治療院

施術超楽-CHORAKU-

院長の上杉耕生です。

 

 

 

腰痛やひざの痛み、肩こりなど

慢性的な痛みというのは

 

 

良い反応だと思いますか?

それとも悪い反応だと思いますか?

 

 

 

それは悪い反応に決まってるじゃないか!

と思われるかもしれませんが

 

 

 

私はよい反応として受け止めています。

それはなぜかといいますと

 

 

 

 

腰痛などの慢性的な痛みにおいて

痛みとは身体からの信号です。

 

 

 

 

何かしらのエラーが起きていることについて

警報を発して教えてくれているのが「痛み」と考えています。

 

 

 

 

よく例えていうのが

火災報知器です。

 

 

 

火災報知器の警報がすなわち「痛み」です。

何かしらの異常事態を感知して警報を発してくれているのです。

 

 

 

私が常々、言いますのは

腰痛にしても肩こりにしても膝痛にしても

 

 

 

痛みがあるところに原因はありません。

痛みとは別のところに原因があることが多いですと。

 

 

 

これを火災報知器で言いますと、

「火種・火元」→「痛みの原因」となります。

 

 

 

 

火種(原因)ができて、

燃えくすぶって

 

 

 

煙が天井に上がり

煙を感知した火災報知器が

 

 

 

警報(痛み)を発します。

 

 

 

このような流れで

痛みが生じていると考えたら

 

 

 

痛みというのは

身体のどこかの異常を教えてくれるアラームと言えます。

 

 

 

ですから痛みが生じている間は

どこか異常(原因)が生じていますよと

 

 

 

教えてくれていますので

その原因を見つける良い指標になってくれているわけです。

 

 

 

患者様にとっては非常に辛い

痛みではありますが

 

 

 

施術者にとっては

身体の異常を教えてくれるひとつの信号なのです。

 

 

 

それなのに、

痛みが出ているということで

 

 

 

治療において、痛みの場所を一生懸命に

揉んだり押さえたりすることがまかり通っています。

 

 

 

それはすなわち

火事の時、火災報知器(痛み)が鳴ったので

 

 

 

火災報知器の警報アラームのスイッチを消して

安心したのと同じです。

 

 

 

消防士さんが駆けつけて火災報知器のスイッチを切って

帰りますでしょうか?

 

 

 

そうではないですよね?

 

 

 

警報をキャッチしたら

火種、火元(痛みの原因)がどこにあるのか確認します。

 

 

 

 

そして、火種、火元(痛みの原因)を消すのが

消防士さんの仕事です。

 

 

 

そして、私の役割でもあります。

火種・火元を探して

 

 

 

 

しっかり消えるまで施術をします。

 

 

 

 

痛みの戻り

痛みが再発した。というのは

 

 

 

火種・火元をしっかり確認して

ちゃんと消火できていないから起こるのだと思います。

 

 

 

 

消防士さんは火元の原因まで解明します。

そして私も、火種(痛みの原因)を見つけるプロです。

 

 

 

火っていうのは勝手につきますか?

つきませんよね?

 

 

 

なんで火がつくのか?

火がつかないように点検もおこなっていかないといけません。

 

 

 

火種(痛みの原因)というのは、

日常生活における動作等によるものが多いので

 

 

 

その出どころを教えて

日常点検(自己メンテナンス)するところまで

 

 

 

お伝えさせていただきます。

火災予防訓練(自己メンテナンス)も大事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

治療院 施術超楽-CHORAKU-

上杉耕生

 

 

【追伸①】

LINE@開設キャンペーン!

当院のLINEアカウントが開設されました。

こちらから「友達登録」をしていただくことで

施術がお得になる「ポイントカード」を

発行することができます。

もちろん、LINEから予約をすることも

可能ですので、

下のアイコンをクリックして下さい!

友だち追加

LINEで送る
Pocket