PAGE TOP

手のしびれの原因に手は関係ない!?

こんにちは!

 

 

実家のワンちゃんが腰が立たなくなったので施術してあげました。

施術超楽-CHORAKU-

院長の上杉耕生です。

 

 

 

 

今日の患者様というか

知人のお母さんが手がしびれてしょうがないということで来院。

 

 

 

 

指先がしびれるのと親指と人差し指・中指の握るのが

握りにくくて詰まった感じがしてしょうがないとの訴えでした。

 

 

 

そこで、手をもんでもしょうがないです。

はたまた前腕部の筋肉に原因があるのではと

 

 

 

しきりに前腕をもんでも解決しません。

 

 

 

では、どこに問題があるのかと言いますと

今回のケースの場合は

 

 

 

頚部に原因があったのです。

 

 

 

痛みの原因は

痛みの箇所にはありません。

 

 

 

 

今回は、痛みではなくて

シビレなのですが

 

 

 

しびれについても同様のことが言えます。

 

 

 

痺れの原因は

しびれの箇所にはありません。

 

 

 

今回は、手ではなくて

 

 

 

 

頸椎の6~8番がロックされていて動きが制限されていたのと

頚部の筋肉、中後斜角筋や胸鎖乳突筋等の硬さが原因で

 

 

 

頸椎から出ている頸椎神経を圧迫し

 

 

 

手の親指から薬指までのしびれ感と

同部位の握力の低下を生じさせていたのです。

 

 

頸椎神経支配領域について頭にあれば

簡単にわかる問題です。

 

 

 

ほかの治療院では

しきりに手をもんだり

 

 

 

腕をもんだり、

肩をもんだりされたとのことです。

 

 

なぜ症状が起きているのか

原因を突き詰めていくと簡単にわかることなのですが

 

 

 

 

とりあえず、揉んで済ませられてしまったようです。

悲しいですね。

 

 

 

今回は頸椎の動きを良くしていき

首周りの筋肉をテーピングで緩めていくことで

 

 

 

しびれは改善。

握力は回復。

 

 

 

握るときのつっかえた感じが消えた!と

大変、びっくりされ喜ばれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

治療院 施術超楽-CHORAKU-

上杉耕生

LINEで送る
Pocket