PAGE TOP

腰周りを施術して治らない腰痛はココを疑うべし。

こんにちは!

 

 

松山市腰痛を”根本”から改善する治療院

施術超楽-CHORAKU-

院長の上杉耕生です。

 

現在来られている腰痛の患者様で

長時間の座位姿勢にも痛みが出なくなってきたと

 

 

喜ばれていたのですが、

今度は、夜寝ている間に

 

 

 

腰が痛いんです。

とのことでした。

 

 

 

どうも、仰向けの状態から

横向きに寝返るときに

 

 

 

腰骨がグキッ!!となるそうなんです。

 

 

 

お腰回りの疑わしいところはやっていたので

どこかなと考えたときに

 

 

 

まずは、問診で聞いたその方の生活パターンを思い出します。

そして、姿勢における気になる場所が出てきましたので

 

 

 

そこをピンポイントにアプローチしましたところ

痛みが消えました。

 

 

 

その場所はというと斜角筋になります。

首の真横についている筋肉なんですね。

 

 

 

おおよその目星をつけていたのですが

実際に、仰向けに寝てもらった状態で

 

 

 

枕をのけて頭を下ろして腰を浮かして

横に寝返ろうとしたときにすでに痛みが出ていました。

 

 

 

マクラをとる前の横向き動作では

痛みが出なかったのです。

 

 

 

なので、その枕をとるかとらないかで

痛みの出方が変わってきたのです。

 

 

 

そこが、首周りの筋肉の疑いが確信に変わった時でした。

 

 

 

その方のお仕事も長時間の運転をされており

首t肩回りの硬さが見受けられる姿勢でもありました。

 

 

 

そんなわけで、斜角筋テープを貼らせていただき

寝返りを行ったところ

 

 

 

痛みが消えましたとなりました。

 

 

 

首周りの筋肉は

あまり押さえられたくないものです。

 

 

頸椎にも近く、痛みの生じやすい場所でもありますので

あまりゴリゴリに揉まれるってことはないと思いますが。

 

 

かといって病院のリハビリにかかったならば

下手したら、首の牽引をさせられるかもしれません。

 

 

 

牽引をさせられるとどうなるかというと

余計に筋緊張が増します。

 

 

 

筋肉は引っ張られることで

脳が反射的に引っ張り返そうと命令を出すので。

 

 

 

首周りの筋肉を緩めたいから牽引をするのですが

実際は逆効果になっているので

 

 

全然、緩むことはありません。

気を付けてください!

 

 

とりあえず、首の筋肉も

腰痛に大いに関係する場合もありますというお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

治療院 施術超楽-CHORAKU-

上杉耕生

LINEで送る
Pocket