PAGE TOP

まだ成長痛のひざの痛みにテープでぐるぐる巻きにされますか?

こんにちは!

 

成長期のひざの痛みにもサポートする

施術超楽-CHORAKU-

院長の上杉耕生です。

 

 

成長期によく成長痛と言って

膝の痛みがでていて辛い思いを

 

 

 

されているお子さんがいらっしゃいます。

 

 

 

そんな成長痛がひどいので

病院に駆け込んだところ

 

 

 

ひざ下にテープをぐるぐる巻きに

しかもガッチガッチに締め付けて

 

 

 

しばらく運動を控えるようにと

宣告されたりして

 

 

 

にっちもさっちもいかない状態で

当院に来られるケースが度々あります。

 

 

んで、テープをはがしてみると

その部分が締め付けによって

 

 

 

痩せてしまっていることも

しばしばです。

 

 

 

まず、成長痛とは何かといいますと

正確にはオスグッド病といいまして

 

 

 

成長期の太ももの前の筋肉

大腿四頭筋の腱がはがれそうになっている状態をいいます。

 

 

 

筋肉・腱・靱帯というのは骨の骨膜にくっついています。

 

 

 

病院ではよくバンド固定をして治療を行っているのですが

痛みは確かに減るのですが、治癒は遅くなっています。

 

 

 

バンドによる締め付けで血液・栄養がいきわたらなくなり

なおかつ骨膜と骨が押しつぶされてしまい

 

 

足が細くなってしまいます。

 

 

 

じゃあ、どのようにすればよいのかというと

当院ではテーピングを施させていただいています。

 

 

 

もちろん冒頭ででていたぐるぐる巻きの

ギッチギッチに締め付けるような

 

 

 

蛮行は致しません。

 

 

 

大腿四頭筋が痩せなくて

足も痩せなくて

 

 

 

でも痛みは改善されて

運動も行えて

 

 

しっかり治癒できます。

 

 

 

オスグッド病に限らず

ジャンパー膝にも適応されますので

 

 

 

バスケやバレーでジャンプするような競技にて

ひざ下が痛いような学生さんにも

 

 

行うことができます。

 

 

 

とにかく

締め上げるテーピング固定は最悪です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

治療院 施術超楽-CHORAKU-

上杉耕生

LINEで送る
Pocket